ゴッホが敬愛したファブリティウス

ゴッホが敬愛したファブリティウス

ゴッホが敬愛したファブリティウス

ゴッホが敬愛したファブリティウス

今日のブログは「ゴッホが敬愛したファブリティウス」です。

前にゴッホ展に行って来ました。
ゴッホ美術館の研究チームが7年にわたり追い求めて来たゴッホの実像に迫る展覧会。
36作品が日本初公開。ゴッホが描いた自画像のうち、8点が揃っているゴッホ展。人がたくさんで改めてゴッホは人気なんだなと思いました。

私が観たファブリティウスの作品は、『洗礼者ヨハネの斬首』を除けば3点しかありません。
マウリッツハイスの『五色ひわ』とロッテルダム・ボイマンス美術館所蔵の『自画像』、それにロンドンのナショナル・ギャラリーにある『デルフト風景』です。

誠実という言葉が、この画家の作品に最もふさわしいでしょう。
ゴッホは、フェルメール、レンブラントの両巨匠に次ぐ大家として、ファブリティウスを敬愛していました。

 1662年、フェルメールは30歳で聖ルカ組合の役員に選出されました。
史上最年少での起用です。当時の役員は6名で、陶工、ステンドグラス職人、画家それぞれ2名で構成され、毎年聖ルカの日(10月18日)に半数が改選されました。フランスの宮廷参事官モンコニーがアトリエを訪れたのは、その翌年のことです。

不動産担保ローン比較検討情報